コラム|大阪府茨木市で歯科をお探しの方はながたデンタルクリニックまで

WEB予約
準備中
電話予約
WEB予約
(準備中)

コラム

コラムCOLUMN

【茨木市の歯医者】歯周病と歯肉炎の違いとは?予防方法も紹介!

こんにちは。
茨木市の歯科・歯医者【ながたデンタルクリニック】です。
 
「歯周病」と「歯肉炎」は、どちらも歯ぐきが腫れて、出血するイメージがありますよね。
 
歯ぐきから出血すると「歯周病なのではないか」と心配になることもあるでしょう。
今回のコラムでは、歯周病と歯肉炎の違いや予防方法について解説します。
 
 

歯周病と歯肉炎の違い

歯周病と歯肉炎は、炎症の進行度合いが違います。
 
そもそも歯周病とは
・歯ぐきに炎症を起こした状態(歯肉炎)
・歯を支える骨(歯槽骨)を溶かして歯がグラグラ動く状態(歯周炎)

の状態を指します。
 
そのため、歯肉炎は「歯周病の初期段階」です。
 
歯肉炎の症状としては、歯ぐきが赤く腫れたり、歯磨きなどで出血したりします。
軽度の歯肉炎であれば、丁寧なブラッシングで症状のほとんどが改善できます。
 
一方歯周病は、歯周炎が進み、顎の骨や歯根膜まで炎症が起きている状態です。
歯と歯ぐきの隙間である歯周ポケットが4mm以上あり、セルフケアでは改善できません。
 


(参照:厚生労働省 eヘルスネット「歯周ポケット」より) >

 
 

歯周病を予防する方法

歯周病の予防方法は、次のとおりです。
 

食後の丁寧な歯磨き

歯周病の原因である歯周病菌は歯垢の中にたくさんいます。
そのため、食後は丁寧な歯磨きで歯垢を除去するようにしましょう。
 
特に「ながら磨き」に注意してください。
スマートフォンやテレビなどを見ながら歯磨きをすると、意識が散漫になります。
 
鏡を見ながら、どの歯を磨いているのか意識をすることで、効果的にブラッシングすることができます。
 

デンタルフロスや歯間ブラシによるケア

歯磨きだけでは、歯と歯の間の歯垢が取れないことがよくあります。
そのため、デンタルフロスや歯間ブラシを活用しましょう。
 
歯ぐきを痛めないように、ゆっくりと動かすようにしてください。
 

食生活を整える

食事を見直すことも大切です。
 
・抗酸化作用のあるビタミンC・E・カロテンが豊富な野菜やフルーツ(ブロッコリー・キウイなど)
・歯や骨の元になるカルシウム(乳製品・魚など)
を十分に摂るようにしてください。
 
また、砂糖がたっぷり入ったお菓子は控えめにして、食べる場合は必ず歯磨きを忘れずに行いましょう。
 

歯医者で定期検診・歯石除去を受ける

お口のプロにみてもらうことで、自覚症状が現れる前にトラブルを防ぐことができます。
また、歯周病菌をたくさん含んだ歯石を除去することも、歯周病予防には効果的です。
 
 

歯周病が疑われたら歯医者を受診しよう

歯ぐきが腫れている、出血することが増えた場合は、早めの受診がおすすめです。
歯肉炎の段階でケアができれば、ひどい歯周病にならずに済みます。
 
【ながたデンタルクリニック】では、患者さまに納得して治療を受けていただけるように、治療のメリットとデメリットをしっかりと説明した上で進めます。
 
お口に関する不安なことやお悩みがある場合は、ご相談ください。
一緒に改善方法を考えていきましょう。
 


当院へのアクセス >